練炭

みんな知ってるかな!??

 

火鉢じゃないよ、

 

 

「練炭」

 

 

IMG_1294.JPG

 

 

どういう風に使うかって・・・!??

 

 

僕が子供の頃は、どこの家に行ってもあったんだよね。。

 

 

IMG_1289.JPG

 

 

今じゃ、BBQの時にトン汁作ったりして このように使ったりしてる。。

 

 

昔、暖をとるのに使ったようだけど、室内で使って

 

喚起をしないと一酸化炭素中毒で亡くなったりすることも多かったんだよね。

 

 

photo_ippatsu_rentan.jpg

 

 

こんな風になっていて、昔のは中心の部分は、こうではなかったような・・

 

 

この練炭に火をつけるのが難しくてね・・・

 

 

なかなか、任せてもらえなかったんだ、子供の頃。。。

 

火がつきにくいんで、無駄に火遊びになっちゃうからだと思うんだけどね。

 

 

 

IMG_1293.JPG

 

 

いったん、火がつくと、後は空気の量で火力調整するという代物。

 

 

とっても安くて便利なモノだったんだけど、ガスコンロの普及によって

 

なんか、段々と無くなっていったんだよね。

 

 

 

IMG_1288.JPG

 

 

最近じゃまた、練炭を使う人が増えてきたようで、

 

 

ホームセンターなんかでも売っているのを見かけるもんね。

 

 

ただ、車の中で締め切りで使うと、よろしくない事が起きるから

 

絶対使っちゃダメ!!

 

機会があったら、使ってみてネ。。

 

最初に火をつけるのに苦労するハズだからね。

(バーナーやコンロを使っちゃだめだよ)

 

 

で、、トン汁はサイコーに旨かったって話なんだ・・・(^^♪

 

 

at 19:25, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

戦争博物館

ベトナム ホーチミンシティーにある戦争博物館

 

僕の子供の頃は、まだ戦争してたことをなんとなく覚えてます。

 

 

IMG_0930.JPG

 

 

ってことは、ほんの40年位前まで、戦争をしていたんです。

 

 

今じゃ、考えられないよね。

 

戦車だ、ミサイル、バズーカ砲、地雷、空爆・・・

 

おまけに化学兵器までのなんでもアリの泥沼戦争。

 

 

IMG_0915.JPG

 

 

この建物内に入るまでは、戦争というものに興味があったのですが、

 

 

色々なシーンの写真を見るたびに、いたたまれない気持ちになりました。

 

 

IMG_0917.JPG

 

 

老若男女、関係なく殺戮。

 

 

戦争の事を知らないなんにも関係ない子供たちも多くの犠牲。

 

 

IMG_0919.JPG

 

 

当時使用されていた、銃、地雷、バズーカ砲なども展示。

 

 

 

それより、悲惨な戦争後の住民の姿。

 

 

IMG_0921.JPG

 

 

ベトナムでのアメリカ軍による密林での攻撃が思うようにならないため、

 

 

枯れ葉剤を空中散布し、森林を枯らせてからの攻撃による

 

 

現地住民の被害はベトちゃん、ドゥクちゃんに現れた奇形。

 

IMG_0922.JPG

 

 

僕たちが知っていたのは、ほんの少しだと思っていたけど、

 

 

ここに展示されていた数多くの写真を見て言葉が出ませんでした。

 

 

IMG_0924.JPG

 

 

※ 枯れ葉剤で森が枯れています。

 

 

 

IMG_0925.JPG

 

※ ベトちゃん、ドゥクちゃん。

 

 

 

 

 

 

博物館の前には、戦闘機や戦車が置かれています。

 

 

 

 

・・・にしても、40年前までこんな戦争していたなんて

 

 

信じられない、、、、

 

 

子供の頃、母親に戦争の事を聞かされてとても怖くなったことを思い出します。

 

でも、つい最近まで戦争してた、、、って、信じられません。

 

 

普通に生活している毎日が平和であることが不思議に感じた瞬間でした。

 

 

 

at 19:02, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

色鉛筆

 

 

知っている人と知らない人で年代が分かれるかも・・・!??

 

 

この色鉛筆、知ってますか・・・!??

 

 

鉛筆からひもが出て来ちゃった!!!

 

    じゃないんだよ!!

 

 

 

 

 

 

僕が子供の頃、よく見かけて、使ったていた色鉛筆なんだよ!

 

 

何のこのヒモ!!

 

 

って言うかもしれないけど、鉛筆削りの要らない色鉛筆なんだよね。

 

ヒモを引っ張って、芯の周りの部分をくるくると引っ張ると

 

木の部分が薄皮みたいにクルクルと剥けて、芯の部分が出てくるの!!

 

 

懐かしくて剥いて説明してたら、芯の部分が長くなっちゃったわ。。

 

この色鉛筆、50年以上も前からあるんじゃないの・・・!??

 

 

懐かしいわ~~~

 

 

 

 

at 00:13, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

熊本城


熊本の市内へも行ってみました。


CIMG5485.JPG


そう!

熊本城です。


なぜかここ1年の間にお城に行く機会があって、

この前は松本城。





アップだとこんな感じ。





都市中心部にありました。







その前は姫路城。


駅からまっすぐのところにありました。







お城は、どこもカッコイイです。




さて、熊本城。

城内には入れず、周りを歩きます。


CIMG5488.JPG




城壁の崩れている所が窺えます。


CIMG5489.JPG







二の丸の方からの熊本城。

立派です。


CIMG5491.JPG

、、、が、前面の塀が倒れています。




CIMG5492.JPG




CIMG5494.JPG



悲しくなります。

、と同時に、歴史的建造物がそのままの状態で保存していくのって

とても大変な事なんですね。

自然的な老朽化だけでなく、自然の驚異とも戦っていかなくてはならないのですね。




CIMG5503.JPG


熊本城のふもとにある熊本大神宮。

残念なカタチに、、、


今はこのような状態ですが、すぐに元気な熊本に戻ることを願います。




市内では、くまもんの元気な顔も見えました。


CIMG5508.JPG

がんばろう 熊本!!



 

at 00:11, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

おもちつき

毎年12月30日は恒例のお餅つきです。



CIMG3568.JPG



御覧のように、薪で火を起こすことから始めます。




出来た炭を使ってお茶も沸かします。


CIMG3569.JPG



とっても、合理的です。




今年も約15臼ほどお餅をつきます。


毎年のことなので、何も言わずとも各人が所定の位置に付きます。


IMG_2626.JPG


薪の管理をするもの。



IMG_2629.JPG

もちをつくもの。


IMG_2627.JPG

ついたお餅をのすもの・・・と。



IMG_2631.JPG


お餅をかえすのも熱くて結構大変なんですょ・・


CIMG3586.JPG


つき上がったお餅を丸餅にするにも大変。

ぎゅっとつまんでねじってお餅を分けていきます。

お餅なので引っ張ってものびるだけですもんね。


IMG_2636.JPG


上手に出来ています。



CIMG3594.JPG


ぼくも参加します。



でも、腰を痛めます・・・



老若男女 みんなつきます。

IMG_2639.JPG

腰を痛めて、お正月を台無しにしたようです。笑・・




今年もみんなでお餅をつくことが出来ました。



CIMG3592.JPG


もう、20年近くお付き合いしてくれているおかあさん。

大事なところはいつも手伝ってくれます。

今年もありがとうございました。

 

at 15:29, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

暴走忘年会(予告編)&メリークリスマス

メリークリスマス!!



ウチのシンボルツリーです。。(電飾は施してませんが・・)

まゆげも太く、鼻の穴も真っ黒ですが、

動きますし、喋りもするし、働きもします。


あらためて

   「メリークリスマス」(^^♪

     と、申しております。

2011_1228倉庫0083.JPG



今年もクリスマスの時期となりました。

当社の営業日も残すところ、わずか・・・・




今年も皆様のご協力がありたくさんのお仕事をさせて頂きました。

本当にありがとうございます。



近年、私のブログも真面目な内容が多く、たくさんの批判を浴びてまいりました。

※ もっと突っ込んで書いてくれという人も、
  節操ある内容にしなさいとか、言われるんですョ。。
  躊躇しながら書いてますが・・・
  これれからも夜露死苦お願いします。


そろそろ、私達の会社も理解していただけているようだし、




421.JPG


本性をあらわしても良いのかと・・・・



うわっつら ばかり体裁良くしてたってダメですよ!!

なんて、お叱りを受けることも。。。。



2011_1228倉庫0093.JPG

※ お叱りの図


中には、「最近は仕事のことが多くてつまらない・・」とも言われました。

だって、仕事もしてるんだモン!




私たちの会社を理解してくれる方なら良いのですが、

初めて会社のHPを見て、このブログに飛んだ瞬間、

「こんな会社に仕事頼めない・・」なんて言われそうで・・・


宇宙人みたいのがいるみたいだし、

このまま銀行行ったら逮捕されそうなの社員もいるし・・・汗""

418.JPG



でも、「変わっている素敵な社員さんたちがいますね???」とも言われますが、


はたして、僕は恵まれているのやら、不幸なのなら・・

異生物の中でまともに仕事をしているのは、自分だけじゃないか!?

って、感じています。



ところでみなさんは、忘年会を、されましたか・・!??


025 - コピー.JPG


会社を始めたときは、みんなでご飯を食べておしまいだったんだけどね。



年々、人数も増えて、食べておしまい名だけでなく、余興をするようになり、

気持ちよくお酒を飲み、大笑いして過ごす忘年会を重ねてきました。





若い子たちは、この機会にとばかり、

      「カモンっ!  オレにお酒をのませろっ!!」

   なんて、吠えていることがありました。



305.JPG

※ 右奥にいるメイドさんは、ウチの男性社員デシタ。。ガックリ・・・



やさしい、友たちは、お酒を優しく注いでくれたりもしました。



303.JPG





たくさん飲みたい若者は、忘年会ではいつも幸せいっぱいです!!!




378.JPG

そうなんです!!!


気持ちよく飲める年末なのです。




きっと、仕事でストレスのたまることもあったんでしょうね。。。。笑





397.JPG



そして今年もたくさんのキャラクターさんたちが、

忘年会に来てくれることになっています。






宴会が終わり、ふつうにロビーを歩くこの姿はどうかと思いますが、

本人たちにとっては、浴衣と同じ。ナントモないようですね。


414.JPG




本年は、26日を以て2015年度の業務を終了させていただきます。

今年も一年、たくさんの方々にお世話になりました。
本当にありがとうございました。



翌日の27日は、大掃除の後、更なる飛躍の暴走忘年会で一年を飾る予定であります。





IMG_0774.JPG


暴走忘年会のブログは、会社と切り離してお読み頂ければ

会社に対しての不満もなかろうかと思います。

※ 会社にいる人と重ねてはイケマセン。




この忙しい年末時期なのに、彼らは今年の衣装を探して歩いているとのこと。

今年も残りわずか。
終わりよければすべて良し!


お互いにもう少し頑張って「良い1年だったね~」と言える年にしましょうね。。



2011_1228倉庫0043.JPG




それじゃ、今日は12月25日。





メリークリスマス!!!!



2011_1228倉庫0065.JPG





今年の暴走忘年会の模様もお楽しみに・・・(^^♪



飲んでばかりいないで、大掃除もしなさいよ~~
 

at 15:59, yoko, 歴史

comments(2), trackbacks(0), - -

お勉強


韓国のドラマを観ていて、段々と韓国及び北朝鮮という国に興味を持ってしまいました。

そして、韓国語を喋りたくなってしまったのであります。

(韓クラにハマったとかじゃないっすからね)


IMG_2068.JPG


僕は外国語学部だったから、少しくらい話せるかな!?

なんて、思ってるんだけど、やっぱ、キビシーね。

なったって、物忘れが激しいからね。。。


それで、独学だけじゃキビシイから、個人レッスンでも受けよーかと思ってんのね。

タイには友達がいたから少しまだ話せるかも!?

中国語は大学で習ったんだけど、もう、ダメでした。


さて、どれだけ、喋れるようになるか、挑戦してみます。

 

at 05:31, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

世界遺産


去年の夏は、群馬にある富岡製糸場に行ってきたのね。

そして今年は、お城を見てきたの。

どこへ・・?

新幹線でビューってね。


037.JPG


駅構内から出て、まっすぐに伸びて行くメインストリート。



その先には・・・



015.JPG


見えないでしょ!!


素敵な建物が見えるんですョ!

この建物は後でご紹介。



姫路の駅前はちょっとステキです。

038.JPG

五井駅よりも(笑)、蘇我駅、千葉駅なんて比べ物になんない。。

綺麗に造られてますね。感心、感心。



つい、脇道にそれちゃいます。




さすが世界遺産のある町

屋台のお店に外国の方がたくさん。。





どれどれ・・・

ということで、僕も姫路の味を確かめます。


「姫路は何が美味しいの・・・!?」

「おでんなんかいかがですか!?」ということで、







少しばかり屋台で頂くことに。。。


呑んだ後なので、軽めに。。



おでんなんだけど、関東のおでんと全く違い、味が薄いの・・ね。

えーこんなに違うの!? って思ってたら店員さんが、

「ショウガ醤油をつけて召し上がってください・・」と。


んんん!???

おでんってそのまま食べるんじゃなくて、違う食べ方なのね・・





姫路のおでんは、こういう食べ方らしいのです。。。


だから、おでんの汁も薄いのね。

物足りなく感じるけど、ご当地ではこれに従います。




鶏も美味しいというので、もう一軒はしご。

とっても美味しく満足な姫路のごはんでした。




うー・・・食べ過ぎ、呑みすぎたわ・・



さて、外のお城が気になる僕は、

外へ出たら、ライトアップされているかと思いきや

本日は月に一度のライトアップお休みの日・・・






ホントは、こんなふうに見えるみたい・・・

きゃーステキ!!

観たかったナ・・・




気を取り直して、お昼間のお城をご案内するね。




040.JPG


入場料、1040円を支払って中へ・・・


テレビで観る暴れん坊将軍のお城とおんなじです。。



本丸に入るためには、たくさんの門をくぐらなくては着きません。

041.JPG


いっぱい、門があるのね。。


044.JPG


クネクネ曲がっているし、僕が当時の足軽の歩兵だったら

即、矢か鉄砲玉に撃たれているね。。


047.JPG


内側はこういうふうに広角に狙えるように広くなってるの。


088.JPG

大変、良く出来てます。笑・・

狙われちゃうね。



053.JPG


門をくぐります。


056.JPG


たくさんあるけど、これくらいで。




当時の姫路城を囲む町の様子。

058.JPG

城下町も区画整理されてきれいな街並みです。



さて、たくさんの門をくぐり、お城に登ります。


077.JPG

2本の巨大な柱が下から上まで続いているのが特徴ですね。

デカイわ。。

この2本の柱がお城の芯です。



ひーこら言いながら、梯子みたいな階段を登り本丸の最上階へ・・


061.JPG


お城が白く見えるのは、この瓦のところにある漆喰のせいですね。

改修工事を終えた後なのでとてもキレイでした。


真っ直ぐ見える通りの先がJR姫路駅ですね。

お城から駅まで近いので当時の人たちも通勤するのに便利だったと思います。

当時の人たちが江戸から来ても、迷子にならないように

「駅を降りたら、真っ直ぐですから・・・」と、簡単に説明できたんですね。。笑


062.JPG


立地条件もよく、日当たりも抜群です。

駅近の良い所にお城を造るのは、土地代も高くて大変だったと思います。

(お城が先だ! つうーの!!)


076.JPG


鬼瓦もデカイのなんのって・・・

こんなの持っててっぺんまで来たら、腰悪くしちゃうね。

当時は電動のリフトやレッカー車も無かっただろうから・・・






このしゃちほこなんか持って登ったらイチコロだね。

腰の骨が砕けます。

当時の人は、凄かったんですね。。。

087.JPG


ウン!

これだけ基礎が高ければ水の心配もドロボウの心配もないね。

基礎屋さんも大変だったと感心してます。


091.JPG

ご苦労様でした。




さて、最後にお城は見る方向によって顔が全く変わりますね。


109.JPG

この方角から観る姫路城はサイコーにカッコイイです。♪


そういえば、暴れん坊将軍の背景に出てきているのはこの角度カナ!?


「あー美しい・・・」と、酔いしれる姫路城でありました。

みんなも行ってみてね。
そして、おでんも食べてみてね。



※ 仕事で近くに行ったので姫路までチョイと足延ばして行って来ました。


 

at 06:13, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -

いちまーい、にまーい、、

こわーい話で、聞いたことありませんか!?

夜になると、「いちまーい、にまーい、、、、きゅうまーい・・・・」




093.JPG


何回数えても九枚しか数えない・・・


もちろん、九枚しかありません。

これには陰謀と心を寄せていた者の絡みがあって(←自分で調べてください)


096.JPG


お菊さんが管理をしていた家宝である十枚の皿の一枚を隠され、その罪を負わされた挙句、自分に振り向いてくれない事を恨み、お菊さんを井戸の中に放り込んだというお話です。


097.JPG


覗いて見たらスンゲェー深い井戸でした。

お賽銭らしきものが10M以上もある深い井戸の中にたくさんありました。


お賽銭より、お皿が足りなかったんだから、お皿を入れてあげればいいのに・・・と、思ったのは、僕だけ!??


094.JPG



切り殺されてこの井戸の中に投げ込まれてからは、夜ごと

「一枚、二枚・・・九枚・・あれっ!?」

「あれっ!?」と言ったかどうかわかりませんが、

女の人の声でお皿を数える声が聞こえるそうです。。。


ここに行く時はお皿を一枚持って行くと、お菊さんに喜ばれるかもしれませんョ!!

※ パワースポットだと思っていたら、寒気のするパワーもらってきました。
  みなさんに会ったらその冷気(霊気)を分けてあげますね。



 

at 12:50, yoko, 歴史

comments(0), trackbacks(0), - -