<< 地鎮祭(八幡宿) | main | 好き嫌い >>

習慣

 

手を洗う習慣が身についた時のお話。

 

 

 

僕の小さい頃は、家の中で遊ぶことよりも常に外で遊んでいた。

 

暗くなって帰ってくるとまず言われたのは

 

「手を洗いなさい!」

 

お腹が空いて帰ってきた僕にとっては、いち早くごはんが食べたくて

 

仕方なかったから手を洗うのは、台所で何かをつまみ食いしてからの

 

作業みたいなものであった。。

 

 

 

hand-washing-1-1024x681.jpg

 

 

 

 

そう、手を洗うの面倒でさらに指先を水に濡らす程度の手洗いだった。

 

 

 

いつからだったかハッキリは覚えてないが、手洗いに関しての方法が

 

変わったきっかけは、ゆで卵であった。

 

 

 

というのは、遊んで帰ってきて、台所(キッチンともいう)にゆで卵らしきものが

 

あった。

 

卵を手に取り、クルクルと回してみるとちゃんと回るからゆで卵との認識。

 

机の硬いところでコンコンと殻を割って剥く。

 

 

 

 

ba200749.jpg

 

 

 

殻の中の薄い皮が簡単に剥けるものもあれば、なかなか皮が剥がしにくい

 

ものもあるけど、まぁ、一生懸命剥いていたんだけど、

 

殻をむいて食べるときに卵を見たら、手が汚かったせいで、ゆで卵が茶色っぽく

 

なってたりしたんだよね。

 

結局、食べる前に卵も洗ったし、手も洗いました。

 

 

 

その時に手を洗っていないと、たいして汚れていないと思っていた手の汚さを

 

自分自身で感じた時だったと思い起しました。

 

 

なんでも人から言われたことに対してキチンと理解をしていないと

 

行動の変化というのは難しいもので、大人になればなるほど、聞き入れにくく

 

なっていくものだと思うね。

 

特に歳を重ねていったり、その人に言えない雰囲気を持っていたりすると

 

周囲の人は気づいていても教えてくれないからね。。。

 

 

人かに言われたことは、素直に聞き入れることが大事ですよね。。。。

 

 

at 10:13, yoko, 健康

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://tousou-yoko.jugem.jp/trackback/3233