<< 食事会(歓迎会) | main | こぎお >>

災害

 

台風15号から始まって19号、そして今回の前線に伴う大雨。

 

 

千葉県では今まで経験をしたことのない災害を被っている。

 

 

正直、僕が生まれ育ってきた千葉では、目立った災害というものがなかった。

 

 

 

15号の時も千葉の人はいつも通りにサーって通り過ぎていくものだと思ってたハズ。

 

だけど、実際には想像を超える被害にあった。

 

停電なんてすぐに回復するものだと思ってた。

 

ところが強風による被害は多大なるものだった。

 

僕らが設計している建物では以前から風圧に関しての強度も計算するようになった。

 

 

IMG_1116.jpg

 

 

しかし、水害に対することは考慮していない。

 

宅地造成する時や、土地を購入する時に考えるが、河川が氾濫するとこまで

 

考えが及ばないことが多い。

 

 

 

今回の大雨での被害は、前面道路の排水不良などにより

 

上棟前に手配してあった木材の一部が水に浸かってしまった。

 

交換しなければならない被害に僕たちが遭遇💦

 

 

住宅密集地では、道路の舗装部分が多くなり、雨水が地面に浸透する部分が減少し

 

大雨が降ると一気にU字溝に集まり水がはけ切れなくなる。

 

水は低い所に集まり道路が冠水する。

 

 

 

 

※ 残念だけど廃材になってしまいますね・・・

 

だけど、近隣から言われたのは、「オタクが工事しているから水が溢れた!」だって・・

 

良識ない人からの言われようなので正直呆れちゃったわ。

 

こういう災害時に他人のせいにするのはどうかと思うね。。。

 

 

台風15号の時、カーポートの屋根や瓦がが飛んでアチコチの家に飛んで

 

被害に合っていたがひとこと謝って「お互いさまだよね」って良く聞こえたのに、

 

少し残念な思いであった。。。

 

経験したことのないことが起きていることを認識して、後世の若者にも伝えておきたいことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

at 11:55, yoko, ひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://tousou-yoko.jugem.jp/trackback/3276