<< 地鎮祭(八幡宿) | main | 下がらズ・・・ >>

49

 

10月の初旬に父が亡くなってはや1ヶ月と数日が経ちました。

 

 

母はまだ健在ですが、昭和61年に両親が買ってあったお墓があります。

 

 

二人が元気な時は、墓地の話などしたことがなかったのですが、

 

 

買った当時・・・30年以上前に連れてきてもらった事だけ覚えている程度でした。

 

 

 

 

IMG_1340.jpg

 

 

 

健康であったときは縁のない墓地。

 

 

お墓はあるものの、誰も入っていないので、来ることもなく荒れ放題。

 

 

49日を迎えるにあたって、納骨をするために綺麗にしてきました。

 

 

そして、納骨の日を迎えました。

 

 

IMG_1339.jpg

 

 

 

墓地の管理事務所に埋葬許可証などの届け出をして手続きをして

 

 

納骨をしてきました。

 

 

生前、とても真面目で厳しい父でしたが、今考えるとすべてのことを自分で

 

 

やり終えていてくれていました。

 

 

お墓も自分で用意してあったし、介護施設に入る費用の負担もなかったし、

 

 

実家の手入れも片付けもキチンとされていました。

 

 

94歳で終活をしていたとは思いませんが、とても整理をされていたと感じます。

 

 

 

IMG_1338.jpg

 

 

墓石の下の暗い空間に入ってしまいましたが、中は結構、広かったので

 

 

結婚して実家を出てから一緒に暮らすことがなかったので、僕の次の住処かと

 

 

思います。

 

 

お坊さんが言ってましたが、49日の中は1週間ごとに区切られていて、

 

亡くなったら誰でも次の世界に行けるワケでもないらしく、1週ごとに

 

面接があって合格しないと進めないらしいです。

 

とても面白いお話を頂戴しました。

 

生きている時から次の世界に行けるように努力しないといけませんね。。。

 

 

 

at 13:33, yoko, 自然

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://tousou-yoko.jugem.jp/trackback/3290