<< 上棟(船橋市新高根) | main | ブリ >>

研修に行く

IMG_1393.jpg

 

 

今回、3月ごろから検討していた断熱と換気システムの研修で新潟県にやってきました。

 

 

なぜ今かって・・・!??

 

 

温かい季節だと、実感が湧かないので、寒い季節に実行することにしたのです。

 

 

まずは、完成現場。

 

 

IMG_1396.jpg

 

 

 

表面的には、床の部分にこのようなガラリと呼ばれる部材を使います。

 

 

簡単に言うと、ここから温かい空気が出てきます。

 

 

IMG_1398.jpg

 

 

 

温度を計測すると、フローリングの部分は少し暖かく、吹き出し口はもっと温かく、

 

 

壁の部分は温度が低いのが見てわかります。

 

 

 

 

もっと簡単に言うと、ここでは家の床下から暖気を送って家全体に空気を

 

 

回すということです。

 

 

IMG_1401.jpg

 

 

 

ただ、それだけでは、今の住宅の性能ではことが足りません。

 

 

24時間換気を行い、2時間に1回の割合で食う葉を入れ替えなければなりません。

 

 

ても、せっかく温まった室内の空気を外気の冷たい空気に入れ替えては、

 

 

熱効率が悪いので、冷たい外気と室内の暖まった空気の熱を交換して

 

 

取り入れるシステムが必要となります。

 

 

 

IMG_1394.jpg

 

 

そのため、家の外には、外気を取り入れる部分と、排出する空気口を設けます。

 

 

左の大きいほうから新鮮な空気を取り入れ、小さいほうから室内の空気を

 

 

排出していきます。

 

 

IMG_1400.jpg

 

 

 

和室でもできます。

 

 

もっと簡単に言うと、床下に暖房機があると思ってくれれば理解しやすいですね。

 

 

この暖房機は24時間ずっとつけっ放しなので、家全体が暖まるし、床もほんのりと

 

 

温かみを帯びてきますね。

 

 

IMG_1404.jpg

 

 

みんなにも体感してもらって、フローリングの温かみを感じてもらいました。

 

 

寒冷地では、普及率も高くなっていて、前回、北海道でも同じことを習いました。

 

 

単純にこのシステムを導入するだけではなく、効果をより感じるには、

 

 

断熱に関しての方法も少し変えていかなくてはならない部分があります。

 

 

予算との兼ね合いもありますが、そこは我々が努力しなくてはならない部分。

 

 

IMG_1409.jpg

 

 

 

建築中の現場も拝見させていただき、床下の暖気をどのように2階へ持って行き、

 

 

更に2階室内の空気をどうやって排出するかのルートも建築現場で習いました。

 

 

夏冬問わず、24時間冷暖房と換気システムが動いているということは、

 

 

電気代ももちろん上昇します。

 

 

それを抑えるための太陽光発電を付けると設置時の費用は上がりますが

 

 

普段の生活での電気代を抑えられ、快適に過ごすことが出来るということです。

 

 

 

IMG_1412.jpg

 

 

 

今回は新潟市内での現場を見させていただき、とても勉強になりました。

 

 

建築コストを抑えて、1年を通して過ごしやすいお家を創ることを

 

 

目標にまずは、2年かけて習ってきた気密、断熱、熱損失率の向上をあげた

 

 

住宅のモデルハウスに着手します。

 

 

ぜひ、お楽しみに(^^)/

 

 

at 00:02, yoko, お勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。